書籍情報: 人文書アーカイブ
おすすめ

人文書

全34件中 6件 〜 10件
鄙(ひな)への想い

鄙(ひな)への想い

日本の原風景、そのなりたちと行く末
田中優子  著
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判 上製 238ページ
  • ISBN 978-4-86029-414-4

6大学初の女性総長として、法政大学総長に就任する田中優子氏。
江戸から現代に続く「鄙(ひな)-いなかー」と「都市」の関係性を語る。

小山明子のしあわせ日和

小山明子のしあわせ日和

大島渚と歩んだ五十年
小山明子  著
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 四六判 上製 208頁
  • ISBN 978-4-86029-336-9

病に倒れた大島渚氏を15年間にわたって献身的な介護で支えてきた女優・小山明子さん。職業柄、なにかと世間の耳目を集めてしまうことへの葛藤、小山さん自身、介護うつになり入退院を繰り返すなど、危機や困難も多々ありました。それらをどうやって乗り越え「いまが一番しあわせ」と笑える今日を手に入れたのか。愛ある介護をしなやかに明るく実践する大島・小山ご夫婦の日々が詰まった1冊です。今年10月30日に、金婚式を迎えるお二人。寄り添い続けた50年、夫婦愛がつまった、感動のエッセイ集です!

シンプルに生きる。

シンプルに生きる。

生きづらい時代を生きなおす方法
柳田邦男 香山リカ  著
  • 定価=本体1400+税
  • サイズ 四六判 並製 208ページ
  • ISBN ISBN978-4-86029-389-5

世代も性別も違う、ジャーナリストと精神科医による異色の対談!

混迷を深める現代社会。

価値観がシフトする時代、人間の生きる意味は何か? 幸せとは何か?

大震災をはさんで四回にわたった対談を1冊に。

「時代を診る目」と「時代を読む目」

心を安定して生きていく知恵がここにある。

養生事始(ようじょうことはじめ)
玄侑宗久  著
  • 定価=本体1400+税
  • サイズ 四六判 並製 228ページ
  • ISBN 978-4-86029-388-8

江戸時代の学者、貝原益軒の『養生訓』をなぞって、玄侑氏が「食」「嗜好品」「病」「健康法」などなど、

健康にまつわる暮らしのさまざまな面について書いたユーモアあふれる暮らしのイラストエッセイ。

人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?
堤未果  著 佐治晴夫  訳
  • 定価=本体1200+税
  • サイズ 新書判 上製 184ページ
  • ISBN 9784860293833

タイトルともなっている「人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?」、そして「なぜ、戦争はなくならないのだろうか? 」。堤未果さんは前々からこのような疑問を持ち続けていた。そんな未果さんに、講演先で出会った佐治さんはこう言った。「あなたがずっと疑問に思っていること、私はその答えを持っています」と。この対談が実現したのは、二人のこの会話がきっかけであった。未果さんの永年の疑問が氷解するとともに、"3.11東日本大震災から見えてきたもの"から、"今後、日本はどう進んでいけばいいのか"など、白熱した対談から見えてきたものとは......。