あの夏、兵士だった私 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

あの夏、兵士だった私
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

あの夏、兵士だった私

96歳、戦争体験者からの警鐘
  • 定価=本体1500+税
  • サイズ 四六判 並製 208ページ
  • ISBN ISBN978-4-86029-451-9
内容紹介

今こそ、伝えたいあの戦場体験!

 

トラック島、数少ない元兵士が語る、

戦場の日常、非業の死、食糧難......

 

反骨の俳人は、どのように戦後を生き

現在を見るのか?

 

「アベ政治を許さない」のプラカードに

込めた意味とは?

目次

プロローグ とても、きな臭い世の中になってきた
第1章 あまりにも似ている「戦前」といま
第2章 「死の最前線」で命を拾う──トラック島にて
第3章 捕虜生活で一転、地獄から天国へ
第4章 日銀は仮の宿、?食い物?にして生きてやる
第5章 明日のために、いまやっておくべきこと