産屋 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

産屋
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。
小池昌代散文集

産屋

  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 四六判 上製 230ページ
  • ISBN 978-4-86029-409-0
内容紹介

いのちとは、エロス〈生の本能/愛〉である


解像度の高い言葉に耽溺する、悦びの時間を


川端康成文学賞、萩原朔太郎賞受賞詩人による〈いのち〉〈肉体〉〈時〉〈言葉〉にまつわる精選エッセイ集

目次

1
恋/球体の子供/雪とはしご/菜の花と麦/火の娘/運ばれていく/犬の匂い/小川小判/黒猫ふわり、心に降りた/重さと軽さ/島々/沖縄三泊四日/野生時代/小さな儀式/サヨナラ、マタネ/球根/山岡くんの作文
2
水色のドレス/穴/最期の声/痛みについて/大きなひと、小さなひと/野にすわる/中間に満ちる磁力/歌声/素の爪/窮屈なときは踏み外せばいい/不揃いゆえの楽しさ/節分の夜はお菓子が降る/箱の中身/湯気の幸福/食欲について/見えない料理人/たこ焼き、くるくる。/カリカリでもナヨナヨでも/すももの増減
3
キャベツ畑/踏切の途中/からっぽの部屋/坂道の幻影/東京氷上世界/嵐の夜/朝礼のヘルメット/子供はピエロの何が怖い?/ちいさいおうち/真夜中の音/乙女の時間/夏の終わり/薄いお茶の色/落ちていく/消える/時計の登場/ビュルビュルを探して/
4
  野犬だったころ―中学生に寄せることば/何があんなに面白かったんでしょう―「わたしの好きな遊び」というテーマに寄せて/祭りの昼と夜/すすきのなか/わたしの好きな百人一首/インド・コルカタ・タゴールの詩/再び、タゴール/仲間たち/ツナミが来る/産屋―川瀬直美監督作品『玄牝(げんぴん)』に寄せて