決定版! Viva イタリア映画120選 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

決定版! Viva イタリア映画120選
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

決定版! Viva イタリア映画120選

  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 四六判 264ページ
  • ISBN 978-4-86029-396-3
内容紹介

日本初のイタリア映画ガイドブック。著者は、フェリーニの『女の都』、ベルトルッチの『1900年』、ヴィアーニ兄弟の『グッドモーニング・バビロン』など、1980年以降の名作字幕を担当した吉岡芳子さん。フェデリコ・フェリーニ、ジュリエッタ・マシーナ、タヴィアーニ兄弟を現地取材した、日本で最もイタリア映画通の字幕翻訳者である。

コメント

戦後のイタリア映画といえば、ロッセリーニの『無防備都市』『戦火のかなた』、デ・シーカの『靴みがき』など、60年代にかけては、アントニオーニの『情事』『太陽はひとりぼっち』『夜』の<三部作>、フェリーニの『道』『カビリアの夜』『甘い生活』『81/2』など。その他、ヴィスコンティの『夏の嵐』『山猫』『ヴェニスに死す』、鬼才パゾリーニの『アポロンの地獄』『ソドムの市』など魅力ある映画がつくられた。70年以降では、ベルトルッチの『1900年』、トルナトーレの『ニュー・シネマ・パラダイス』などがあるが、このように大衆娯楽から前衛的映画まで、魅惑のイタリア映画を年代別・ジャンル別に厳選、ご紹介する。

ヴィスコンティ「山猫」

甘い生活.jpg


フェリーニ「甘い生活」


ああ結婚.jpg

デ・シーカ「あゝ結婚」

こちらの書籍もいかがですか?

中条省平の「決定版!フランス映画200選」