夜の歌 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

夜の歌
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

夜の歌

知られざる戦没作曲家・尾崎宗吉を追って
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ 四六判上製 208頁
  • ISBN 9784860293918
内容紹介

終戦まで間もない昭和20年、将来を嘱望された一人の作曲家が戦場で亡くなった。その名は尾崎宗吉。

その素顔に窪島誠一郎が迫る。

目次

プロローグ 祈りの丘で 1 白い記憶 2 雨のひびき 3 「音楽ノ才アリ」 4 天然と養殖 5 軍靴とチェロ 6 阿佐ヶ谷あたり 7 結婚、そして 8 月光の庭 9 帰還の譜 10 夏の瞬き エピローグ ふたたび、祈りの丘で