アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

アンネ、わたしたちは老人になるまで生き延びられた。

クラスメートたちがたどるアンネ・フランクの思い出
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 四六判 フランス装 208ページ
  • ISBN 9784860293925
内容紹介

『アンネの日記』は不朽の名作だが、一人のユダヤ人少女の個人的な物語でもある。アンネのクラスメートたちにも、それぞれの物語があった。将来への不安を押し殺し、戦争の、そして裏切りの恐怖も、思春期を失った悲しみも、考えないよう生きてきた。本書はあの過酷な戦禍を乗り越え80歳を超えて生きてきた級友たちのアンネへの思い出が綴られる。子供から大人にならざるを得なかったあの頃。悲劇をくり返してはいけない。そんな強いメッセージが伝わる。

コメント

教室でアンネは、"アンネリース"と呼ばれ、いつも人の輪の中心にいた。クラスメートは言う。「あの年代の女の子が、友だちとも引き離されて特殊な環境に身をおくと、色々なことが一気に成長する。だから作家としての才能も一気に花開いたんじゃないかしら。アンネの文章は美しい。とても十代の少女が書いたとは思えない」と。収容所でアンネは、飢えに苦しみながら4か月を生き抜いた。亡くなったのは、19453月、解放のわずか数週間前であった。