人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか? - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。
堤未果と考える

人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?

  • 定価=本体1200+税
  • サイズ 新書判 上製 184ページ
  • ISBN 9784860293833
内容紹介

タイトルともなっている「人はなぜ、同じ過ちを繰り返すのか?」、そして「なぜ、戦争はなくならないのだろうか? 」。堤未果さんは前々からこのような疑問を持ち続けていた。そんな未果さんに、講演先で出会った佐治さんはこう言った。「あなたがずっと疑問に思っていること、私はその答えを持っています」と。この対談が実現したのは、二人のこの会話がきっかけであった。未果さんの永年の疑問が氷解するとともに、"3.11東日本大震災から見えてきたもの"から、"今後、日本はどう進んでいけばいいのか"など、白熱した対談から見えてきたものとは......。

目次

第一章 時代について考える 第二章 宇宙について考える 第三章 いのちについて考える 第四章 戦争と平和について考える 第五章 未来について考える

コメント

〈佐治先生に、会いにいこう〉そして聞こう。すべては宇宙の法則で解けるという、その答えを。私たちはどこで間違ってしまったのか?  何をもって、ふたたび希望ある未来を描けばいいのか? それは、ほとんど確信に近いひらめきだった。宇宙という時間と空間のスケールからみる佐治先生のお話は、必ずヒントをくれるだろう。        (堤未果「はじめに」より)

hitoha3.jpgのサムネール画像


hitoha.jpgのサムネール画像


hitoha2.jpgのサムネール画像