一寸先は光 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
思うだけ! 開運術
思うだけ! 開運術
効果絶大! 「成心(じょうしん)」になる9つ...

書籍詳細

一寸先は光
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

一寸先は光

坂村真民の詩(うた)が聴こえる
  • 定価=本体2000+税
  • サイズ B5判 並製 112ページ
  • ISBN 978-4-86029-382-6
内容紹介

仏教詩人・坂村真民さんが逝って6年が過ぎた。真民さんのファンは多く、「念ずれば花ひらく」の碑も、国内はもとより海外でも建立され、都合700以上に及んでいる。この度、生誕百年を期して、全国の真民ファンからも寄付を募り、2012年3月11日、愛媛県砥部町に真民記念館がオープンする。真民さんの生原稿、交友のあった人から寄贈を受けての手紙類や、短冊、色紙、書などが展覧される。本書は監修者である小池邦夫さんが、そんな真民さんの特に直筆の魅力に焦点を絞って掲載作品を選んだ。万年筆の青インクが瑞々しい貴重な生原稿や、55年間約800冊に及ぶ日記も初公開される。自らを真摯に見つめ、大詩母様に感謝し、鼓舞し続けた精進の日々が明らかになる。

コメント

書きたい詩がある。それを手書きで一字一字心を込めて書くから、字が動いてくる。真民さんの埋蔵資源が書になって歩き始めた。真民書は生ライブとなって見る人の心に響いてきた。初めて知ったことであるが、三女の西澤眞美子さんから真民さんの日記があることを教えられた。なんと800冊を超えるノートの山である。90歳を過ぎても「これではいかん しっかりしろ しんみん」と毎日のように書き記している。自らを律する生き方が迫ってくるようだった。(監修者・小池邦夫「あとがき」より)

 

一寸先は1.jpg

一寸先は2.jpg

 

一寸先は3.jpg