小池邦夫の心を揺さぶる言葉集 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

小池邦夫の心を揺さぶる言葉集
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

小池邦夫の心を揺さぶる言葉集

  • 定価=本体1800+税
  • サイズ B5判 並製 112頁(2色刷)
  • ISBN 978-4-86029-360-4
内容紹介

「わが言葉よ、相手の心に突き刺され!」
 小池邦夫が絵手紙を創始して半世紀が過ぎた。画と書と言葉――この三要素を用いて自己表現をするのが、絵手紙だが、とりわけ小池は、"言葉"への思い入れが強い。やはり絵手紙の原点は、その力強い言葉にある。相手をビックリさせ、相手の心に染み入り、相手の心を投げ飛ばす、そんな言葉を終生かけて追い続けてきたといっていい。
 本書は小池が五十年以上にわたって磨いてきた言葉を集大成するものだ。小池語録から最近のものまで精選して掲載する。勇気づけられ、生きる力が湧いてくる。そんな言葉ばかりだ。半世記以上に及ぶ小池の絵手紙人生の"原点"に浸り、楽しんでいただければ幸いである。

コメント

 絵手紙では画を主役と思っている方もおられる。だがそれは認識不足だ。画はあくまで伴奏者である。なんといっても主役は言葉。短くても強い言葉は、エネルギーが強い。私は独自の一言を発見するために、半世紀以上にわたりはがきを書いてきた。"ひとりブランド"ともいえる言葉が出てきたらしめたものだ。         (「あとがき」より)

こころを揺さぶる1.jpg

こころを揺さぶる2.jpg