桐原春子の花紀行 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

桐原春子の花紀行
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

桐原春子の花紀行

世界の庭園めぐり
  • 定価=本体1800+税
  • サイズ A5判 並製 120頁
  • ISBN 978-4-86029-340-6
内容紹介

読売新聞夕刊に、現在も好評連載中の企画に、ハーブ研究家・桐原春子さんの「世界の庭園紀行」(正式タイトル名は『桐原春子のはな紀行』)がある。本書は、過去に同紙に掲載された世界の庭園から22の庭園を厳選し、新たに書き下ろした韓国「昌徳宮」を加えた23の庭園の魅力をご紹介するもの。カラー写真をふんだんに使用して、見どころ味わいどころはもとより、巻末に庭園情報として各公園の住所、URL、開園時期、アクセス情報なども掲載している。特に百花繚乱という言葉そのもの、色鮮やかに様々な花が咲き誇る「モネの庭」や、NHKTVで「奇跡の庭」として放映された英国の「ベス・チャトー・ガーデンズ」、約22万平米という広大な敷地に変化に富んだ50のテーマごとに7500種類もの植物が植えられているカナダの「バンドゥーセン植物園」などいずれ劣らぬ名園ばかり。アジアからもインドネシアの「バリ植物園」、マレーシアの「ペナン島」、香港の「香港公園」など、代表的な庭園が掲載されており、見てよし、行ってよし、両方の楽しみ方ができる構成になっている。

目次

【ヨーロッパ】 ・シシングハースト・カースル・ガーデンズ(イギリス) ・レベンズホール(イギリス) ・ベス・チャトー・ガーデンズ(イギリス) ・ボドナント・ガーデン(イギリス) ・ヴィランドリー城(フランス) ・ジヴェルニー、モネの庭(フランス) ・マイナウ島(ドイツ) ・キューケンホフ公園(オランダ) ・カザンラク、バラの谷(ブルガリア) ・サグラダ・ファミリア聖堂(スペイン) ・ボーボリ庭園(イタリア) ・アギオス・ステファノス修道院(ギリシア) 【オセアニア】 ・キングスパーク(オーストラリア) ・ゲッセマネ・ガーデン(ニュージーランド) ・フォスター植物園(ハワイ) ・ヌメア(ニューカレドニア) 【北アメリカ】 ・ブッチャートガーデン(カナダ) ・バンドゥーセン植物園(カナダ) ・ブルックリン植物園(アメリカ) 【アジア】 ・バリ植物園(インドネシア) ・ペナン島(マレーシア) ・香港公園(香港) ・昌徳宮(韓国)

コメント

本書は公開されている海外庭園の中でも、特に私が興味をそそられた庭園にスポットを当て、事前調べをするとともに現地に取材・撮影旅行をしたものです。

本書には、その公園を包み込む町全体の様子や、"バラ祭り"など特別な時期の花紀行も加えてあります。花には見ごろ、最も美しい時期があります。それを見逃さないためには、花の咲く時期を調べてからお出かけになることをお薦めします。そんな旅の参考にしていただけたら幸いです。(著者「まえがき」より)

インドネシア.jpg 

インドネシア バリ植物園 

 

フランス.jpg

フランス モネの庭

 

フランス2.jpg 

フランス モネの庭 

 

カナダ.jpg 

カナダ ブッチャートガーデン