上海バブルは崩壊する - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

上海バブルは崩壊する
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

上海バブルは崩壊する

ゆがんだ中国資本主義の正体
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 四六判 並製 256ページ
  • ISBN 978-4-86029-341-3
内容紹介

本書は希代の中国ウォッチャーである著者が、中国資本主義を丸裸にし、その崩壊を予測するものである。中国で「市場のことは市場に聞け」という自由主義経済の原理原則は当てはまらない。中国共産党の特権階級が許認可権を行使して市場を創成してきた。共産党独裁を維持するため、あらゆる政策が展開されてきた。中国経済の深刻な要素といえば、野放図な信用の拡大、あまりに強気な過剰投資、そして地方政府の不良債権などが挙げられる。そして心すべきは、中国を一個の国家と考えてはいけないということ。中国は多民族国家であり、複雑に利権・特権が入り乱れている。海外志向が強い上海人、"愛国虚言"を弄する北京人、"中国のユダヤ人"と異名をとる温州人、凶暴なマフィアで知られる福建人などがいるし、辺境の地を行けば、漢族を恨むウイグル、チベット族などもいる。人種も言葉も違うのである。地方間格差も著しいから、バブル崩壊も同時ではない。著者は、上海、北京、広州からと予測する。超高層ビルが林立し、一見好況に湧いている上海。だが万博の人出は予想を大きく下回り、行政単位に割り振って動員を始めているとか。もうすぐ終焉を迎える上海万博後の中国から目が離せない。

目次

第一章株式は暴落し不動産価格は崩壊 第二章中国経済の本質、権貴社会とは何か? 第三章日本は中国に飲み込まれる 第四章中国的似非資本主義の内幕 第五章中国のマオイズムと孔子 第六章旧満州はこれから発展する 第七章投資は歓迎、でも中国人は嫌い 第八章ならば日本はどう準備すべきか 第九章ユーロ危機と人民元