英国コメディ映画の黄金時代 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

英国コメディ映画の黄金時代
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

英国コメディ映画の黄金時代

『マダムと泥棒』を生んだイーリング撮影所
  • 定価=本体3000+税
  • サイズ A5判 並製 408頁
  • ISBN 978-4-86029-317-8
内容紹介

第二次大戦下、ヒッチコックがハリウッドに招聘された時期、イギリス映画史上、奇跡と呼ばれた「イーリング・コメディ」が誕生した。バルコン・タッチともいわれ、イギリス映画の黄金時代を築いたサー・マイケル・バルコンが主宰するイーリング・スタジオで撮影された作品群を指す。バルコンをトップにいただいたイーリング・スタジオは、都合、二十年間にわたり存続する。その間、九五本もの長編映画が製作された。日本でも知られた『マダムと泥棒』はじめ、アレック・ギネスが一人八役を演ずる『優しい心と宝冠』など洗練されたコメディ映画や怪奇映画が量産された。だが、日本ではイーリング・スタジオについての情報もなく、ほとんど知られていなかった。本書は、この伝説のイーリング撮影所の全貌に迫る。巻末にはイーリング・スタジオで製作された全九五作品のフィルモグラフィーの他、総索引を設け、人名、邦題、原題、公開年、監督名等、簡単に引けるようになっている。イーリング・スタジオの詳細を知れば、続々DVD化されている日本未公開作品が必ずや観たくなるに違いない。

目次

第一章 投影された英国  第二章 戦う英国をいかに描くか――『船団最後の日』にいたるまで  第三章 バルコンと新生イーリング  第四章 「われわれの進むべき道」――『夢の中の恐怖』の功罪  第五章 イーリング・コメディの誕生――エース脚本家T・E・B・クラークと『ピムリコへの旅券』  第六章 豪快なマキアヴェリズム――マッケンドリックの『ウィスキー大尽』  第七章 イーリング・コメディの絶頂――ロバート・ヘイマーの『優しい心と宝冠』  第八章 無垢と愚かさの寓話――マッケンドリックの『白服の男』  第九章 沈滞と再生と――『黄金の檻』『マンディ』  第十章 イーリング・コメディ最後の光芒――『ティトフィールド雷電号』『蒸気船マギー』『マダムと泥棒』  第十一章 終焉    

コメント

イギリス文学、イギリス人気質、イギリス的なユーモアとアイロニーまで垣間見えてくるほど、イギリス文化論としても最高の文献である。最近では、モンティ・バイソン・シリーズなど喜劇にも影響を与えているとされる。