独歩 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

独歩
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

独歩

辻清明の宇宙
辻清明 写真 藤森武
  • 定価=本体30000+税
  • サイズ A4判 豪華本 220頁
  • ISBN 978-4-86029-332-1
内容紹介

父の影響からか9歳にして骨董品に興味をもち、10歳で手回し轆轤を買ってもらったという辻清明。14歳にしてはや「辻陶器研究所」の看板を掲げ、陶芸家への道を歩み始めた。独立独行精神で孤高を貫き、不世出の陶芸家として知られる辻清明を集大成したもの。花器、香炉、茶碗、徳利などから、清明の代表的な信楽焼きの陶器類はもちろん、彼の焼いたガラス器、残した書画、そして内外からの貴重な蒐集品や創造の現場まで、辻清明という陶芸家の全貌に迫る。

目次

独歩の人 辻清明 てのひらとゆびの 辻清明の陶器 辻さんの作品 辻清明年譜

コメント

 

独歩1.jpg

 独歩2.jpg

 独歩3.jpg

 独歩4.jpg

  写真はすべて、あの藤森武氏が撮っている。辻清明ご本人から依頼されたものだという。膨大な作品数がある。世界各地から蒐集したコレクションも多い。一から手作りした創造空間としての茶室や庭も押さえている。当然ながら、お互いのスケジュール調整をしながら何年もかけて、聖蹟桜ヶ丘の辻清明の工房に通いつめて撮り溜めたものだ。藤森氏がこの本にかけた時間と労力は膨大である。かくして、焼物一つひとつの完成度、それを定着させたカメラマン藤森武氏、さらには田中一光の弟子であり、豪華本を数多く手がけ、辻清明本も手がけた実績をもつ坪内祝義氏がデザインした。これで素晴らしい本にならないわけがない。是非、手にして堪能して欲しいと思っている。