矛盾だらけの禅 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

矛盾だらけの禅
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

矛盾だらけの禅

悟りを求めるアメリカ人作家の冒険
  • 定価=本体2500+税
  • サイズ 四六判 並製 376ページ
  • ISBN 978-4-86029-326-0
内容紹介

 ローレンスことラリーは、「禅」を布教するために、ニューヨークで「ソーホー禅堂」を開いていた中川球童老師(後に静岡県三島・龍澤寺住職。故人)の指導を受ける。からだ全体でそのまま禅の教えを生きているように見える老師にすっかり傾倒し、禅からさまざまなことを学んでいった。ある時、恋愛に悩んで相談すると、老師は言った。 「混乱しているなら、混乱しなさい! 完全に混乱しなさい!!」  混乱から逃れようとすれば、ますます混乱の深みに入って、ついには溺れてしまう。混乱から逃れるためには、徹底的に混乱の渦中に飛び込むことが逃れる最上に策というわけだ。一見、矛盾しているような教えの数々に、一読開眼、禅で生きるとはどういうことかを会得することができるだろう。また、滋味にあふれた老師の人柄に魅力がじわじわと伝わり、魅力にしびれるはずだ。体験的な、禅の入門書としても魅力を備えている。