危険!薬とサプリメントの飲み合わせ - 書籍情報
おすすめ
こころが軽くなる マインドフルネスの本
こころが軽くなる マインドフルネスの本
話題のマインドフルネスが、優しくわかる本。 マインドフルネス...
毎日を平穏にするヨーガの習慣
毎日を平穏にするヨーガの習慣
ヨーガをもっと身近に、気軽に生活の中へ取り入れてみませんか。...
花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート
花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート
テーブルセッティング+お花+お料理でおもてなし。 12か月の...

書籍詳細

危険!薬とサプリメントの飲み合わせ
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

危険!薬とサプリメントの飲み合わせ

  • 定価=本体1300+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-315-4
内容紹介

薬は、医者が処方し薬局で調剤してもらうもの。ところがサプリは各人の勝手。そのために、薬とサプリの飲み合わせ次第で、命が危険にさらされるというのだ。例えばワルファリンという血栓溶解剤を飲んでいる人がビタミンEをとると、出血が止まらなくなる。また、骨粗鬆症の治療薬にビタミンDを飲み合わせるとカルシウムの異常増加に。そんな身近な飲み合わせの危険を分かりやすく解説する。