タデ食う虫と作家の眼 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

タデ食う虫と作家の眼
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

タデ食う虫と作家の眼

――― 武田泰淳の映画バラエティ・ブック ―――
  • 定価=本体2600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-264-5
内容紹介

戦後文学を代表する著者が、映画に描かれた<エロスと愛><政治と宗教><戦争と平和>など壮大なテーマに挑み、縦横に論じたエッセイをまとめた。単行本未収録である黒澤明、木下惠介両監督の撮影現場ルポ、『森と湖のまつり』をめぐる内田吐夢監督との白熱の対話、幻の傑作短篇『白昼の通り魔』も収録した。愛娘である写真家武田花さんが語る「武田家の映画鑑賞法」も興味深い。