相対論的力学とローレンツ延長 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
思うだけ! 開運術
思うだけ! 開運術
効果絶大! 「成心(じょうしん)」になる9つ...

書籍詳細

相対論的力学とローレンツ延長
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

相対論的力学とローレンツ延長

――― ルイス・トールマンの誤り・ラウエの強弁・アインシュタインの挫折 ―――
  • 定価=本体1200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-256-0
内容紹介

「相対性理論とテコの原理」は両立しない、という衝撃的事実がある。100年ほど前、アインシュタインら超一流の物理学者や数学者を多数巻き込みながら、迷宮入りした「相対性理論とテコの原理」。この問題はいまだ解明にいたっておらず、「ルイス-トールマンのテコの原理」として物理学者たちの間でくすぶり続けている。そんな渦中に衝撃の一石を投じるのが本書である。著者はこつこつと研究を積み重ね、ついに理路整然とこの問題を解いてみせた。本書で現代物理学の世界にどんな波紋が広がるか、楽しみである。