悠仁天皇と皇室典範 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
思うだけ! 開運術
思うだけ! 開運術
効果絶大! 「成心(じょうしん)」になる9つ...

書籍詳細

悠仁天皇と皇室典範
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

悠仁天皇と皇室典範

  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-190-7
内容紹介

平成18年9月6日、悠仁親王殿下がご誕生になり、寿ぐ祝賀の歓呼が駆け巡ったことは記憶に新しい。マスコミをにぎわせた女性天皇容認論は、この歓喜の渦に飲み込まれてしまった。ただ、著者はこれで安心したわけではない。皇統が男系男子によって安定的に続いていくためには、皇室の家憲である皇室典範を見直し、旧皇族の"皇籍復帰"と"皇族会議"の復活を、と説いている。