女運あれど男運なし - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

女運あれど男運なし
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

女運あれど男運なし

―――船場のいとはん、涙の放浪人生―――
  • 定価=本体1600+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-291-1
内容紹介

著者と佐藤愛子さんは女学生時代からの長いお付き合いだという。生まれは船場のお嬢さん、「いとはん」である。しかし、幼少時代から物議をかもすことばかり。学校で舌禍を引き起こしたことも数知れない。こんな破天荒なお嬢さんだから、書かれても一向に意に介さない。佐藤愛子さんが小説にしようとしたのも必然であった。テレビドラマ化され話題にもなった直木賞候補作「加納大尉夫人」をはじめ、幾多の小説モデルにもなっている。そして今回は、ご本人自ら人生を振り返った。事実は小説を超えている。そんな面白さに満ちている。