中学生が考える私たちのケータイ、ネットとのつきあい方 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

中学生が考える私たちのケータイ、ネットとのつきあい方
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

中学生が考える私たちのケータイ、ネットとのつきあい方

  • 定価=本体1300+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-304-8
内容紹介

中学生の間で、ネット・携帯にはまる生徒が増えている。携帯でなければ本音を話せないと思い込む生徒も多い。区立大森第三中学のクラス担任・大山圭湖先生は携帯依存に陥り、現実社会に関心を失う生徒の増加を危惧していた。そこで生徒たちを中心に、パネルディスカッションを開き徹底討論することによって、携帯・ネット問題解決への道筋を明らかにしようとした。本書から、親も教師も知らなかった生徒たちの本音、真実の姿が見えてくる。