わが師太宰治に捧ぐ - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

わが師太宰治に捧ぐ
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

わが師太宰治に捧ぐ

  • 定価=本体2000+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-302-4
内容紹介

著者は戦前から太宰治の知遇を得て、師と仰ぎ、師亡き後は、晩年まで桜桃忌を取り仕切った人物。師との関係を基にした『太宰治と津軽路』(平凡社)、『桜桃忌の三十三年』(未来工房)などの著作もある。『寂光』(筑摩書房)は第68回直木賞候補作になった。身近にいたからこそ書けた知られざる太宰治の素顔。太宰の女性観、小説への思い、人生観など、新鮮な驚きに満ちている。