続アトリエ日記 - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

続アトリエ日記
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

続アトリエ日記

  • 定価=本体2400+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-308-6
内容紹介

弊社刊行『アトリエ日記』の続編である。「アトリエ日記」は、同名タイトルで美術専門誌『美術の窓』に連載中。『四百字のデッサン』でエッセイスト・クラブ賞を受賞した方である。文章が実にうまい。著者と親しかった坂本繁二郎、藤田嗣治との想い出や、盟友・窪島誠一郎、義弟・田中小実昌などとの交流、絵画や版画の制作秘話、友人・知人の個展巡り、冠婚葬祭から近親者の入院騒ぎ、果てはオレオレ詐欺にひっかかった話まで、身辺雑記を書いているがすこぶる面白い。6年目に入って、未だ連載が続いている理由が分かる。