徳川夢声の小説と漫談これ一冊で - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

徳川夢声の小説と漫談これ一冊で
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

徳川夢声の小説と漫談これ一冊で

  • 定価=本体2400+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-301-7
内容紹介

座談の名手と謳われた徳川夢声だが、作家としての才能についてはあまり知られていない。実は直木賞に2度ノミネートされたほどの実力派なのだ。本書は、軽妙洒脱なユーモア小説を中心に編んでいる。また、珍品ともいうべき78回転SP盤レコードから採った64分のCDがつく。昭和5年制作のSP盤から「二十五時」、戦前に制作された「新四谷怪談」、昭和29年発売の日本伝承童話から「こぶとり」と「ぶんぶく茶釜」等、七つの音源から採録されている。夢声の声を聴いたことがない方も、是非、名手の語りをご堪能いただきたい。