映画は遊んでくれる - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
嫌いなヤツを消す心理術
嫌いなヤツを消す心理術 潜在意識を変える! 人の操作法
思い浮かべただけでも、不快になる「嫌いな人」。自分の前から「...
幸せをよぶ らく家事
幸せをよぶ らく家事 完璧をめざさない魔法のエレガントライフ
ツボだけ抑えて、他の細かいところは目をつぶる。「楽」してきれ...

書籍詳細

映画は遊んでくれる
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

映画は遊んでくれる

  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-300-0
内容紹介

今、もっともブリリアント、もっとも軽やかで、もっとも読み応えのある映画評論を書いているのがこの人。先鋭的な批評家の最新映画論集である。連載中の『週刊文春』シネマチャートでもユニークな視点で人気が高い。クエンティン・タランティーノ、クリント・イーストウッド、コーエン兄弟、ウディ・アレン、デヴィッド・クローネンバーグなど、現代映画界を牽引する映画監督の魅力にも迫る。