先生の集団逃亡が始まった - 書籍情報
おすすめ
遊行を生きる
遊行を生きる 悩み、迷う自分を劇的に変える124の言葉
「遊行」とは、先入観やこだわりを捨て、自由な感性で生きること...
自分に「いいね!」ができるようになる本
自分に「いいね!」ができるようになる本
認知行動療法を基本にした、心が楽になるレッス...
思うだけ! 開運術
思うだけ! 開運術
効果絶大! 「成心(じょうしん)」になる9つ...

書籍詳細

先生の集団逃亡が始まった
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

先生の集団逃亡が始まった

  • 定価=本体1900+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-228-7
内容紹介

公立小学校の教員たちの間で、定年まで数年を残しての駆け込み退職が増えている。都内だけで年間1000人程度との退職者予測が、実際は1500人を超えてしまっているとか。しかも、いきなり退職願が出るので、次年度のクラス編成ができずに、困っているというのだ。東京はじめ首都圏では、定年前の大量退職と、資質などにかまっていられない新規採用が続き、学級崩壊、学校崩壊、ときて、ついには教育崩壊が始まったのではと著者は指摘する。二十数年間、学校警備員をしていた経験をもとに、教育現場の崩壊、学校崩壊の最前線に迫る。