人はなぜ走るのか - 書籍情報
おすすめ
こころが軽くなる マインドフルネスの本
こころが軽くなる マインドフルネスの本
話題のマインドフルネスが、優しくわかる本。 マインドフルネス...
毎日を平穏にするヨーガの習慣
毎日を平穏にするヨーガの習慣
ヨーガをもっと身近に、気軽に生活の中へ取り入れてみませんか。...
花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート
花空間プロデューサー内田屋薫子のテーブルコーディネート
テーブルセッティング+お花+お料理でおもてなし。 12か月の...

書籍詳細

人はなぜ走るのか
  • アマゾン商品ページへ
  • 楽天ブックス商品ページへ
  • セブンネットショッピング商品ページへ
  • honto商品ページへ
  • 紀伊国屋BookWeb商品ページへ
  • 全国の書店でお取寄せいただけます。

人はなぜ走るのか

  • 定価=本体2200+税
  • サイズ 
  • ISBN 978-4-86029-173-0
内容紹介

1981年10月4日、シカゴで行なわれた100キロマラソンに、41歳で出場した著者はみごとに優勝した。生物学者である著者は、長年にわたる研究成果をトレーニングに取り入れ、レースに勝利したのである。すなわちチータから瞬発力、渡り鳥から持久力、ラクダから水分の効率的な使い方、マルハナバチから体温調節法、そして夜通し鳴き続けるカエルからはペース配分を学んだという。さまざまな生物も人間同様に走り、飛ぶ。そんな生物たちの走りを科学する、ユニークなネイチャーエッセイである。