〈第4回〉ぼくの好きな原子力 - アーサーの「晴走雨録」
アーサーの「晴走雨録」
〈第4回〉ぼくの好きな原子力

 原子力発電所が動くと、厄介な核分裂性物質から、より一層厄介な核分裂生成物が大量に生み出される。なにしろ広島に投下された原子爆弾がやってしまったことを、原子炉の中でじりじりやらかすわけだから。

しかも広島の原爆では、1キロ程度のウランが核分裂を起こしたが、標準的な原発に詰まっている量はその1000倍にもなる。13ヶ月ばかり稼動すれば、ただでさえ危険なウランが、桁違いに毒性の強いプルトニウムなどに化ける。それらを「使用済み燃料」と呼ぶが、実際は長崎型原爆や水爆に、これから使える物質だし、なにひとつ「済み」にはなっていない。そのプルトニウムを核兵器に転用しないとして、ただただ保管するだけでも、数万年の間ずっと冷やしつづけなければまた暴れ出すのだ。

人間の力は、放射性物質をわんさか作ることができる。でも人間の力では、その物質の後始末はこれっぽっちもできない。「再処理工場」の名のつく施設はあっても、無毒化につながる処理は不可能だし、「最終処分場」という言葉を専門家は平気で口にするが、そんな話は絵空事もいいところだ。

 従って、原発を稼動させることが無責任極まりないとぼくは思う。新規のものを諦めて、今ある原発を即停止し、すべて廃炉にすべきだと、ぼくは声を大にしていう。日本もアメリカも他の核保有国も例外なく、原発と原爆と手を切るべきだ。

が、こんなぼくでも、問題なく容認する原子力はある。

ぼくが喜んで肯定して、みんなに広めたいその原子力は、青森県弘前市の一角にひそんでいる。寺院と杉並木が美しい禅林街の近く、閑静な住宅街を歩いていくと、やがて「原子力電機」の看板に出会う。一部上場企業ではなく有限会社で、原子炉建屋よりうんと小ぶりな2階建ての店舗だ。

正直いうと、ぼくは弘前の原子力電機のオーナーには、まだ直接お会いしたことがない。お盆のころに伺ったので、店は閉まっていた。でも、ちょうど夕涼みの散歩に出かけようとしていた隣のおじいさんと、少し立ち話をして店名の正確な読み方を教わった――「ハラコチカラデンキ」。おまけにそのおじいさんは「最近ほとんど毎日、新聞の1面に名前がのるんだなぁワッハッハ!」といって、ひとり大笑いした。

後日、「原子力電機」に電話して聞いてみると、「力」が店主本人ではなく、息子さんの名前だと分かった。天からさずかった子が力強く育つようにと、願いをこめたという。

きのうきょう流れてくる、出口の見えないニュースに、気が滅入ってしまいそうになってそこで、原子力さんのことを思い浮かべる。そしてこっそりと新聞を読み直す。「ハラコチカラ安全委員会」「国際ハラコチカラ機関」「ハラコチカラ基本法」「ハラコチカラ村」「福島第1ハラコチカラ発電所」

日本の政府も経済団体も愚劣な原発袋小路に入り、過酷事故を起こしても悔いあらためる気配すらない。けれど、日本語という言葉には、原子力を脱する出口がもうひとつ、ちゃんと備わっていた。まだまだ捨てたものではない。

 

(2011年11月4日)

 

03.jpg

 

著者プロフィール
アーサー・ビナード アーサー・ビナード
(Arthur Binard)
1967年、米国・ミシガン州生まれ。
ニューヨークのコルゲート大学で英米文学を学び、卒業と同時に来日。日本語での詩作を始める。2001年、詩集『釣り上げては』(思潮社)で中原中也賞、2005年『日本語ぽこりぽこり』(小学館)で講談社エッセイ賞、2007年『ここが家だ――ベン・シャーンの第五福竜丸』(集英社)で日本絵本賞、2008年、詩集『左右の安全』(集英社)で山本健吉文学賞を受賞。最新刊は『亜米利加ニモ負ケズ』(日本経済新聞出版社)。翻訳詩集、翻訳絵本なども手がける。青森放送「サタデー夢ラジオ」、文化放送「吉田照美ソコダイジナトコ」でパーソナリティーをつとめる。
検索